春の多摩湖探訪 Part 4
-散策はまだまだ続く-
写真・文 森の人 泉 健司

■散策はまだまだ続く

前回は、なんだか気詰まりな話題になってしまったなあ。珍しい動植物を見つけるのは楽しいけれど、保護のことを考えると結構頭が痛いんだよね。テングチョウの写真に気をよくして、もっと探検してみることにしよう。

ダム湖の調査をしていて、嫌でも目に入ってくるのが西武ドームとユネスコ村の展望台だ。どちらもSFのロケに来ているような気分にさせられる。うっかり写真を撮るのを忘れてしまったけれど、ユネスコ村の展望台はアームが伸びきって宙高々とさしのべられた展望台がゆっくり回転しているのを林の上に見つけると、UFOがこちらを偵察しているようにも見えるんで、いつも落ち着かない気分にさせられる。

 

ダム湖の調査をしていて、何かシュールな景色だなあって、いつも思うのがこれ。木の間隠れの西武ドーム。どうも慣れられない。


撮影:RDC-200G
 
シュールと言えば、遠目にも真っ白な茂みを見つけた。山海塾でもあるまいに、何でまたこんなに白塗りかと思えば、カワウの営巣場所だった。

白いのは彼らの糞に含まれる尿酸だ。黒く点々と止まっているのがカワウ。カラスではない。デジカメを思い切り望遠にして覗いたら、対岸の様子が手に取るように分かった。ふふ。望遠鏡の代わりにも使えるんだね。

とにかく集団で巣を作るため、糞の量も半端じゃない。おかげで営巣に使われた木は、たいてい枯れてしまう。人家近くの林が営巣地として選ばれると、その臭気と騒音のため、たいていは追い払われる運命をたどる。

そう言えば、数年前まで浜離宮を根拠地にしていた連中も、人間たちの執拗ないやがらせにねを上げてお台場に引っ越したとか言う話だ。
 
カワウ 
Phalacrocolax carbo

カワウの営巣場所。遠目にはなんだか白くってきれいだが、臭くてかなわん。

撮影:RDC-7S
 

さらに森を歩いていると、梢の方から「ヴィーッッッ」っと言う声が聞こえてきた。
コゲラだ。スズメぐらいの大きさのキツツキで、幹の表面をチョロチョロとネズミみたいに登っていく、さかんに木の皮に潜んでいる虫をついばんでいる。体が小さいだけあって、木をつつく音も小ぶりで笑ってしまう。かわいいやつだけれど、普段は高い梢あたりにばかりいて鳴きわかしているんで、なかなか写真が撮れない。

以前はこんな丘陵地帯にでも来なければなかなか見られない小鳥だったが、最近は結構町中にも出没するようになってきた鳥たちの仲間でもある。それにしても今日はついている。すぐ近くの枯れ木にアオゲラやコゲラが穴を開けた枯れ木が立っていた。こんな枯れ木でも、生態的な役目を果たしてるんだよねえ。

 

コゲラ 
Dendrocopos kizuki

ときには、セイタカアワダチソウの枯れた茎に潜む虫を、つつきだしたりもする。


撮影:RDC-7S

大きい穴はアオゲラが、小さい穴はコゲラが開けたもの。


撮影:RDC-200G
 
春まだ浅いうちからと言うよりは、冬の終わりにと言った方がしっくりするくらいまだ空気の冷たいうちに、スズランのような花を咲かせるのがアセビだ。

馬酔木と書いてアセビと読む。かわいい花を咲かせる割には強い毒を持っている木で、馬が間違って食べると酔ったようにフラフラになると言うので付いた名前だとか。この木は乾燥した土壌の指標植物でもあり、よく尾根筋などに生育しているのを見かける。

寒いうちに咲く白い花と言えば、ヒサカキがある。常緑性の枝葉は仏花として欠かせないが、この花は小さい上に葉に隠れて咲くので気がつかない人も多い。しかし、春浅い野山にお世辞にも良い香りだなんて言えない一種異様な臭気を漂わせるので、何だろうと思った人は意外に多いような気がする。花が終わると、これまた目立たない黒くて小さな実をびっしり付け、小鳥たちに貴重な食料を提供している。

さらに目立たない地味な花だが、気品ある香りが嬉しいのがシュンランの花だ。程良く手入れされている明るいコナラの林の中なら、驚くほどたくさんの株を見つけることが出来る。花を集めて塩漬けにして、蘭茶として楽しむことも出来る。お正月の飾りとしても人気が高いせいか、ダムに近い人の入りやすい林では、ほとんど盗まれてしまって見かけることが無くなってしまった。
 

アセビ 
Pieris japonica

庭木としてもお馴染みの馬酔木は、かわいい花を付けるが毒があるので注意を要する低木だ。


撮影:RDC-7S

ヒサカキ 
Eurya japonica

仏花としてはなじみの深い植物だが、花が咲いても気付かない人の方が多いような気がする。


撮影:RDC-7S

シュンラン 
Cymbidium goeringii

地味な花だが、気品ある香りが嬉しい。


撮影:RDC-7S
 
あまりにも地味な花ばかり続けて紹介しすぎたかなあ。ここらでちょいと口直し。

ヤブツバキの艶姿を見てもらおう。この花も虫の少ない冬場に花を付けるが、実は鳥媒花と言って、ヒヨドリやメジロに花粉を運んでもらっている変わり者なのだ。油をたっぷり含んだ種は、リスたちの好物でもある。この花、低い山ではごく普通に見られるはずなのに、ここの貯水池林ではほとんど見かけなかった。やはり花が美しいためか、花好きが根こそぎ持っていってしまうんだろうか。
 

ヤブツバキ 
Camellia japonica

あでやかなヤブツバキの花は、薄いけれど大量の蜜を出してヒヨドリやメジロを呼び寄せる。


撮影:RDC-i700
プロフィール

いずみ けんじ
泉   健司

http://www.biotope-garden.com/
ビオトープ・ガーデン提唱者、植物生態コンサルタント、 自然造形作家 1954年愛知県豊橋市に生まれる。
東京農業大学農学科副手を勤めた後、環境アセスメント をはじめとした各種植生調査、フロラ調査の仕事に従事。 ビオトープ・ガーデンを提唱し、TVを初め様々なメディ アで紹介されている。またフラワーアレンジメントや自 然造形物を素材としたクラフト、コンピューターグラフ ィクス、環境音楽の制作など、多岐にわたる活動を行っ ている。
教育活動にも力 を入れており、東京バイオテクノロジ ー専門学校や東京医薬専門学校の非常勤講師も勤める。
農学修士。マミフラワーデザインスクール登録講師。
 
春の多摩湖探訪最終回
■フィールドサイン
もどうぞ。

[HOME]
 
ご質問、ご意見はe-mail:webmaster@smartgarden.co.jpまで
©2001Line Co., Ltd. All rights reserved