今月の特集バラ

バラ
 
バラの種類
バラのミニ図鑑
バラの栽培方法
バラのバラの楽しみ
バラ
■ バラの楽しみ方

バラの品種は原種から交配種まで数千にのぼります。そんなばらの魅力にとりつかれる人は多いもの。ばらがきっかけでガーデニングを始めた方も多いのではないでしょうか。バラの人気は今も昔も変わらないようで、バラにまつわる神話や伝説は世界各地にたくさんあるのです。19cまでは薬としても用いられるほど薬効が昔から知られていたようです。お肌に良いとされ人気の高いローズオイルは婦人病や神経系のトラブル、循環器、呼吸器系に効果があるとされ昔から人気でした。

イングリッシュガーデンを彩る豪華で妖艶なバラはあこがれの一品ですが、さりげなくテーブルの上に一輪の気に入ったバラを飾ることで、特別な日に変わることもありますね。
バラを使った生活の工夫を少しご紹介しましょう。
 
■■ 食卓を楽しもう ■■
バラの砂糖●● バラの香りの砂糖作り
<<材料>>
食用バラの花びら・・・5カップ/上白糖・・・1カップ

<<作り方>>
バラの花びらを乾燥させて、フードプロセッサーで粗引きにします。これを砂糖の中に混ぜ合わせます。バラの香りの素敵なローズ色のお砂糖です。
 
●● バラのはちみつ
<<材料>>
バラの花びら・・・30g/有機はちみつ・・・30cc

<<作り方>>
色が薄く香りの強くない蜂蜜を選んで花びらと共に10分ほど弱火にかけます。蜂蜜が熱いうちに、消毒したビンにつめふたをします。
ローズの香りの蜂蜜はのどの痛みや咳を鎮めると言われています。
 
●● バラの花びらジャム
<<材料>>
グラニュー糖・・・600g/水・・・750cc/バラの花びら・・・150g/レモン汁・・・175cc/ペクチン・・・おおさじ5
<<作り方>>
鍋の中にペクチン以外の材料を入れ火にかけます。沸騰したら焦がさないようにとろ火で30分。そのあとペクチンを加えます。強火で5分煮て出来上がり。消毒したビンに冷ましたジャムを入れて保存します。
 
●● ローズビネガー
<<材料>>
白ワインビネガー・・・300ml/ローズ花びら・・・1カップ

<<作り方>>
ビネガーを沸騰寸前まで熱してから冷まします。保存用の広口びんにバラの花びらをつめて冷めたビネガーを注ぎこみます。良く日の当たる窓辺などにおいて3週間で出来上がり。
サラダドレッシングにももちろんですが、頭痛のときの湿布にも役立ちます。
 
■■■■
 
■■ バスタイムを楽しもう ■■
●● ボディスクラブ
<<材料>>
オレンジピール粉末・・・大さじ1/アーモンドの粉末・・・大さじ3/オートミール・・・大さじ3/アーモンドオイル・・・大さじ6/ローズオイル・・・5滴

<<作り方>>
以上の材料を洗面器の中で混ぜ合わせ、入浴後に体の水気をすべてふき取ったあとに肌に染み込ませます。乾燥してしまう場所には特に念入りにすり込みます。そのまま乾くまで置いておき布でふき取ります。ローズの芳醇な香りで包み込んでくれます。

※肌質によっては合わないこともあるのでバッチテストをしてから使用しましょう。

 
■■■■
 
■■ インテリアとしても楽しもう ■■

ドライローズ●● バラのドライを使ってハートのアレンジ
<<材料>>
バラのドライ

<<作り方>>
バラを短く切って並べただけなので簡単に作れます。
薔薇の香りをとじ込めたようです。ふたを開けると、ほのかにいい香り♪

 
●● ミニュチュアローズのキッチンガーデン
小さなコンテナにミニュチュアローズやハーブを寄せ植えしましょう!
キッチンやベランダなどにおいておくと、料理に使えて便利です。もちろん無農薬でね。
ブリキの大き目の缶に水抜け穴をあけておきます。鉢底石をいれて培養土で植え付けます。ローズをメインに背の高さと同じハーブ類、バジルやタイム、ミント、オレガノを一緒に植えます。剪定もかねてどんどん収穫しましょう。どれも大きく成長し始めたら、別々の器に植え替えます。いかがですか?
 
■■■■
 
バラ
 
文・写真 ご協力 たらおばさん/ほしがり姫
 


back
[HOME]
[植物生活] [私流ガーデン] [自然を楽しむ] [園芸百科辞典]
[フラワー レポート] [ふるさとガイド] [東京散歩] [情報ガイド]
[住宅情報] [リンク集] [プレゼント] [ ショッピング]
© 2001Line Co.,Ltd.. All rights reserved